FR planning|収益性や安定性、市場環境、立地環境からお客様の条件に合った最適なプランをご提案

お問い合わせ
FR planning
お問い合わせ
保険としてのマンション経営
生命保険との比較
サラリーマンの方の
初めての中古マンション
終身保険との比較事例
サラリーマンがマンション経営を始める際に考えてるべきことは、いかにリスクを低減し、かつ将来(ローン完済時)確実に資産を残せるかということです。マンション投資を検討する際“ご自身の生命保険”と比較して考えることで、いかに“リスクを低減し、かつ将来の資産づくり”に役立つかを見ていきましょう。
生命保険と比較した際、
将来の資産運用の観点から
マンション投資がおすすめ!
終身保険とマンション運用を比較して、
払い込み期間の資産状況を
比較したシミュレーション
終身保険 マンション投資
払い込み期間の収支 約395万円の支出(30歳)
約438万円の支出(40歳)
約487万円の支出(50歳)
約203万円の収入(30・40歳)
約174万円の収入(50歳)
亡くなられた場合の保険金 500万円 0〜1,500万円(ローン残債)
亡くなられた後 0円 月々約5万円(家賃収入)
または
約800万円〜(不動産売却)
賃料5万円 表面利回り7.5%で売却した場合
死亡しなかった場合 解約払戻金
約441万円(30歳)
約463万円(40歳)
約473万円(50歳)
ローン完済後12年で
約500万円(家賃収入)
または
約800万円〜(不動産売却)
賃料5万円 表面利回り7.5%で売却した場合
▲ 横方向にスワイプできます


団体信用生命保険とは
住宅ローンを利用してマンションを購入される場合、団体信用生命保険への加入を条件としています。 返済途中に万が一のことがあった場合、ローン残債は保険金で一括返済されるため、ご家族にはローン残債のないマンションが残されます。 最近では、がん・生活習慣病・入院時にも保険が適用される商品などもあり、保険としてのマンション経営の価値がより向上しております。
比較条件(年齢設定:30歳・40歳・50歳)
投資マンション
  • ・物件価格/1,500万円(築13年) ・家賃/67,000円 ・固定資産税/60,000円
  • ・返済期間/35年〈金利1.65%〉(30・40・50歳)
  • ・返済金額/47,037円(30・40・50歳)
  • ・管理費・修繕積立金/8,610円 ・管理委託料/1,500円
  • ・月々の家賃収入/4,853円(30・40・50歳)
※シミュレーションでは全期間を通じて
年利1.65%となる前提で計算

終身保険
  • ・払込期間/35年(30・40歳)、30年(50歳) ・死亡保険金額/500万円
  • ・月額保険料/9,420円(30歳)、10,440円(40歳)、13,530円(50歳)
※数値は生命保険会社における終身保険商品の
オンラインシミュレーションより引用。
(2019年8月1日現在)
家賃収入
ローン期間中
  • 家賃収入=家賃-(ローン返済額+管理費・修繕積立金+管理委託料+固定資産税)
※固定資産税は、
60,000円÷12ヶ月=5,000円/月として計算

ローン返済後
  • 家賃収入=家賃-(管理費・修繕積立金+管理委託料+固定資産税)
※家賃/50,000円、管理費・修繕積立金/10,000円
※固定資産税は48,000円÷12ヶ月=4,000円/月として計算
マンション投資を
生命保険と置き換えて
考えた場合のメリット
団体信用生命保険料は
月々のローン返済額に含まれております。
月々のローン返済額
(管理費・修繕積立金・管理委託料含む)は
家賃収入で賄うため
実質の月額支払いは発生しません。
※空室の場合はローン金額の支払いが発生いたします
返済途中に万が一のことがあった場合、
ローン残債は保険金で一括返済されるため、
ご家族にはローン残債のない
マンションが残されます。
ローン完済後は、
継続して家賃収入を受け取るも良し、
売却して現金化するも良し、
資産運用の選択肢が広がります。
※上記シミュレーションは、空室期間、金利変動を
含んでおりません。また、将来的な投資結果を
お約束するというものではございません